総合病院での出産経験を通じて感じたこと

私は二年前に出産をしたのですが、大きな総合病院で産むことを選びました。
助産院や街の産婦人科ではなく総合病院を選んだのは、やはり「安心感」を求めてのことです。
妊娠経過に特に異常はなかったものの、元々心配症であるわたしは「出産時にもしも何かあったら…」と不安になり、万が一に備えてNICUのある総合病院を選んだのです。

妊娠するまでは足を運んだことのなかった病院でしたが、院内はとても明るくて綺麗でカフェもあり、まるで空港のようだとすら思いました。外来は4Fまでありましたが、エレベーターはもちろん、エスカレーターもあったので不便には感じませんでした。
診察までの待ち時間がやや長いとは感じましたが、座り心地の良いソファ椅子でゆったり座って待っていられたので、それほど苦には感じませんでした。

結果としては無事に出産することはできましたが、初産ということもあり、やや難産で吸引分娩となったので、設備の整っている総合病院を選んでおいて良かったなと思いました。