総合病院での検査による恐怖

検査による恐怖と言って想像するのが検査結果が危険な病気だったり、手術の心配だったりすると思います。ですが、城東区の皮膚科を探して私が恐怖を感じた瞬間は検査時でした。

私は扁桃腺の腫れやすさで風邪をひく度に喉に痛みを感じてしまう症状がありました。その原因を調べるため、MRI検査を行った時が私が恐怖を感じた瞬間でした。

MRI検査を簡単に説明すると、与えた磁場による信号データを画像化し、身体の内部を調べるといった検査です。この検査は円筒を横にしたような装置に仰向けの状態で入ります。初めは近未来的な空間と装置に好奇心を抱き、注射などせず痛みを感じることのない検査だったので不安などない気持ちでした。

いざ装置の下へ入ると予想以上に装置が狭く目の前に白いMRI装置の内壁がありました。脳内時間で約3分経った頃、目の前に広がる白い装置に包まれた状態に途端に喉を閉められるような息苦しい感覚に襲われたのです。一瞬戸惑いましたがすぐにそれが閉所恐怖症だと認識しました。息苦しいだけでまだ我慢できる状態でしたが、まさかここまで苦しい思いをするとは思いませんでした。この検査で初めて閉所恐怖症だと自覚しました。
風邪で、クラビットが欲しい時などは、近所の院内処方のクリニックへ行く事にしています。
しかし、どんな薬が必要かわからない、なんじゃこの状況は、というひどい病にかかりました時には院内処方ではない伊丹の病院は総合病院に行く事にしています。
院外処方はちょっと高いです。しかしながら生野区の病院は血液検査などもされますから、分からない病には最適です。
病院の込み具合も相当なものです。一時間以上待つことは普通ですから、熱の高い時などは倒れそうになってしまいます。
本当に倒れそうで看護師さんに相談しますと、点滴室の空いていますベッドで横になって待たせてもらったことも有ります。
待ち時間が長くても、きちんと診察してもらいたい時には迷わず受診するように心がけています。
大腸がん検査の事なら病院側も、細菌の培養をして病原菌を調べられたりしっかり調査してくれますから、家の中での二次感染予防にも役立ちます。
近所に総合病院があって助かっています。小児科がないことだけが残念です。

貯蓄|家計見直しクラブ|心の童話|生命保険の口コミ.COM|女性の人生|JALカード
|工務店向け集客ノウハウ|GetMoney|英語上達の秘訣|童話

|内職 アルバイト
|英語上達の秘訣
|アフィリエイト相互リンク
|初値予想|ショッピングカート|オーディオ|住宅リフォーム総合情報
|